紫外線とニキビ跡(痕)の関係

紫外線とニキビ跡(痕)の関係

 紫外線とニキビ跡(痕)の関係は、皮膚の作られるしくみに関係しています。

にきびは体の様々な場所に出来、時期や体質によるものや大人ニキビなど様々な事が考えられます。

そしてニキビ跡では、赤みや凸凹などに悩まされます。ニキビ跡は改善するのに時間がかかるだけでなく、一生傷跡が残ってしまう場合もあります。

 ニキビ跡には、炎症が起こった皮膚を修復するのに新しく出来た組織が見えている状態の赤み、炎症によって真皮まで傷が及んでしまっているか治る途中で膿が残ってしまいそのまま傷口が塞がってしまった凸凹のものなどがあります。

紫外線が関係してくるのはこのうち前者です。

 紫外線には2種類あり、真皮まで届きエラスチンやコラーゲンを痛めつけるUVIA波と肌に赤く炎症を起こすUVIB波があり、綺麗な肌を守るには大敵ですが、浴び続けるとにきびを出来やすくします。

 また、肌は皮膚を守ろうとして角質を厚くします。その事によって毛穴が塞がったり、皮脂が溜まってしまったりしてにきびを引き起こしやすくなってしまいます。

そして、にきびに関係しているだけでなく、炎症を起こして新しく出来た組織が見えてしまっている状態のニキビに紫外線を浴びてしまうと、そこに色素沈着を起こしニキビ跡が残ってしまいます。

ニキビ跡(痕)に深く関係のある紫外線の予防方法

 ニキビ跡(痕)に深く関係のある紫外線の予防方法は、まずは紫外線を浴びない事です。

一番効果があるのは日焼け止めを使う事です。最近では日焼け止めの他にもUVカットの効果がある化粧品もあります。そしてさらに日傘や帽子を使って遮断する事もオススメです。

また、夏だけでなく一年中あるものですので常に対策が必要です。

 日焼け止めやその効果のある化粧品を使う際、にきび肌に負担をかけないようなものを選んで下さい。因みににきびがある場合は、SPFは30位、PAは++が適しています。また紫外線防止剤には、散乱剤と吸収剤があり、紫外線を透過させない散乱剤が向いています。

間違っても化学反応を起こして紫外線を吸収してしまう吸収剤は負担が大きいので避けましょう。  対策は内側からも行えます。バランスの良い栄養をとり、特にビタミンCやビタミンEを採る事をオススメします。

スポンサードリンク

日焼け止めは使っときましょう
日焼け止め こんな感じのサンプロテクトを使っています。サーフィン用に購入しておいたものをそのまま使っていますが、市販品のもので全く問題ないみたいです。SPFとか良く分からなかったんですが、何でもいいみたいですよ!

スポンサードリンク