背中のにきび痕

背中のにきび痕

背中にきび痕は、見えない箇所だからこそできないように気をつけておきたいですよね。

原因をしって予防を心がけましょう。万が一痕が残ってしまっても目立たなくすることもできます。

背中にきびの原因

背中にきびは自分の目の届かない場所だから余計こまってしまいますよね。

背中にきびが痕になってしまうと、自分で気づかないうちにどんどん汚い背中に・・・。

こうなってしまうと水着を着るのも、夏のお洋服を切るのも憂鬱になってしまいがち。

原因はアクネ菌。これは皮膚にもともといる菌です。健康な状態の肌には悪さをしません。

アクネ菌は皮脂が大好きなので、皮脂を栄養にして増えていき、脂肪酸を作って黒ずみの原因になります。

顔と違って背中の皮脂なんてそんなに気にするものじゃないですよね。

でも汗もかきやすくて、見落としがちになる場所だからこそニキビができやすいのです。

にきび痕は顔に出来るものだけが有名になってしまっていますが、もちろん背中にも出来てしまいます。

背中にできるにきびの一番厄介なところは、自分には見えないところ。

自分では気づかないうちに出来てしまっていて、他人から指摘されて始めて気づくなんて人もいるようです。

特に、肌を露出することの多い夏場などにはぜひとも治しておきたいものですよね。

そもそもにきびができる原因というのは、毛穴のつまりによることが大概です。

背中のにきびでもその例には漏れません。

すなわち、背中ににきびが出来ないようにするには、出来るだけ清潔にしておくことがなによりも重要です。

最近注目されている原因は、シャンプーやトリートメントの洗い残しです。

お風呂などで洗髪した際に、頭から背中へと流れたシャンプーやトリートメントが毛穴につまってしまい、にきびになってしまうことが多いようです。

ですから、洗い残しのないように、きちんと流しておくことが、なによりの背中にきび予防法だといえるでしょう。

他にも、ホルモンバランスが崩れることによって起こる皮脂の過剰分泌を防ぐために、睡眠を充分にとる、糖分や脂分の多いものを摂らないようにするなども効果的でしょう。

いろんな背中にきび

背中にできる白にきびは、毛穴が目詰まりしてしまっています。

どんどんその下に外に出るはずだった皮脂がたまって、プックリ膨らんだ状態。

れは潰したりしてしまうと、バイキンも入るし炎症の原因になるので潰さないようによーく洗ってきれいにふいて治療しましょう。

前記したようなアクネ菌が脂肪酸を分解して黒ずんだ角栓を芯のようにしてできる黒にきびも、押し出したりしないようにしましょう。

そして、赤にきび。これは炎症を起こしたり化膿したりしている状態なのでとっても危険。 痕になりやすいにきびなんです。

こうならない為には、背中の毛穴を目詰まりさせないことが一番です。

背中にきびを痕にしない為の予防

背中にきびを痕にしない為には、日ごろからの予防が一番です。

汗をよく吸う、コットンなどの下着をつけてみてください。いつもサラサラで快適なのでにきび予防でなくても気持ちいいです。

脂の多い料理を控えてみたりするのもいいですね。

よく言われているのが1日30品目の食事。これは栄養バランスだけでなくて肌にもとても良いです。

ストレスがたまると、代謝がうまくいかなくなることもあります。

この状態だと背中にきびができる好条件です。

毎日健康な生活を心がけていきましょう。若い子だと思春期ぐらいに、にきびがたくさんできることがあるのは ホルモンのバランスです。地道に予防しながら生活を変えていくことで改善される可能性があります。

背中ににきび痕がでてしまったら

どのように予防してしまっていても、背中ににきび痕ができてしまうのは仕方の無いことです。

重症化してしまってはにきび痕が残ってしまう可能性が高くなってしまうので、できるだけ軽い症状でにきびを発見することがにきび痕の残らない対策といえるでしょう。

にきび痕の治療法は、洗顔用のキリームなどの薬で背中を優しく洗ってあげるといいでしょう。

このさいに使うのは海綿などが効果的です。

これによって、肌の古い角質などを落し、お肌の新陳代謝によってにきび跡を自然に治療することが可能です。

また、普段着る服も化学繊維のものよりかは、なるべく通気性の良い綿などを着ることをおすすめします。

手っ取り早く治したい場合には、最近ではにきびやその痕を治療してくれるエステなどもあるので、そちらを利用するのもいいでしょう。

とはいえ、ケアによって綺麗に治すことが可能なので、諦めずに治療することが大切です。

背中にきびが痕になった場合の治療

背中にきびが痕になったら、完全にきれいになるかは個人差ですが、だいぶ目立たなくすることができます。

まず安全性が高いのがケミカルピーリング。

古い角質を除去して肌の再生能力を高めます。病院やエステなどでやってくれるのですが、自宅でできる、安全なピーリング剤もドラッグストアなどで売っています。

これは、病院やエステなどよりは効果は弱くなっていますけれど、普段から優しく使っていくにはちょうどいいかんじです。

痕を治してみたいけどレーザー治療なんかは怖いという人は、LED美顔器を背中にあてる方法もあります。

自宅でやるものですから、劇的な変化はあまりないかもしれませんが継続することで改善されます。

しっかり、高い効果で治療したいというのならビタミンc誘導体を使ってみたり、病院でヒアルロン酸の注入を行ってみたりしてください。

クレーターのようなボコボコの背中にきび痕も少しずつ改善してきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク