プラグピーリング

プラグピーリングって何?

プラグピーリングとは、毛穴のピーリングのことです。そもそもビーリングとは老化した古い角質を取り去り、肌本来の自然な美しさを取り戻す最先端のメディカルスキンケアです。つまりプラグピーリングはにきびなどの毛穴に起因するトラブルの治療です。 

普通ピーリングはハケなどで顔に薬剤を塗布することによって行われるますが、プラグピーリングの場合、対象が面でなく、点に近い毛穴なので、専用のハケを使って薬剤を塗布していきます。

プラグピーリングで使うハケは、通常のハケではなく皮膚科独自のハケが使われます。 このハケは太さ10分の1ミリ程度のかなり細いはけで、毛穴に薬剤を浸み込ましていくので、その塗る速度が問題となり、手馴れたクリニック技術が必要です。

プラグピーリングの問題点

プラグピーリングにも問題はあります。プラグピーリング後、お肌に色素沈着などのトラブルが起こる場合があるので要注意です。

プラグピーリングの治療回数は一回だけで効果が出る人もいますが、通常数回受ける必要があります。期間は1ヶ月程度は治療期間で必要でしょう。

プラグピーリングは個人差のある肌の状態によるので、必ず専門医がいるクリニックで相談して下さい。それが、後々の問題を無くします。

プラグピーリングの効果を高める方法

プラグピーリングの効果を高めるのは、サリチル酸マクロゴール治療です。サリチル酸マクロゴール治療とは、ケミカルピーリングの薬剤として有名である、サルチル酸にマクロゴールという軟膏を溶かした薬剤を使用したピーリング法です。

サリチル酸は皮脂に似たような性質を持っていて、角栓やニキビなどの毛穴の皮脂トラブルの治療に効果がある事で知られています。

しかし、サリチル酸の濃度が高くなると、効果は高いのですが、皮膚の痛みや炎症がひどくなるというデメリットがありました。

そこで考えられた対策は、マクロゴールの使用です。 マクロゴールを一緒に溶かすことで、30%のサリチル酸であっても炎症が起こらずピーリング効果を高くすることが解りました。このマクロゴールの使用で刺激も少なく、痛みや赤みなどのトラブルが起こません。

サリチル酸マクロゴールは、1回の使用でも効果を期待できますが、月に1回を数回繰り返すことでさらに高い効果が得られます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク