ニキビの種類

ニキビの種類その1・『ニキビ』と呼ばれる状態の種類について

1. 白ニキビ

毛穴が古い角質などで塞がれてしまうと、皮脂腺で出来た皮脂が外に出られなくなってしまいます。その結果、お肌の表面まで盛り上がってしまって、白い点状に見えるニキビです。

2. 黒ニキビ

毛穴が開いた事によって、毛穴の中にたまっている角質や皮脂が黒く見えるニキビです。

3. 赤ニキビ

一言で言うと、「白ニキビ・黒ニキビが悪化したニキビ」。

角質が毛穴を塞いでしまうと、外に出る事が出来なくなった皮脂が毛穴にたまってゆきます。そこへ、アクネ菌が繁殖し、炎症を起こす事で出来るニキビです。

4. 黄ニキビ

コメド

膿がたまった状態のニキビの事です。

症状がひどい場合は、皮膚科を受診する事をおすすめします。

この写真はかなり小さなニキビですが、膿がたまったニキビは大きくなることが多いので必ず皮膚科を受診しましょう

間違った処置をしてしまうと 、この状態でも、クレーターになてしまう場合があるので注意が必要です。

5. 化膿したニキビ

正式には「膿疱性ざ瘡(のうほうせいざそう)」と言います。 赤ニキビが更に化膿してしまった状態です。

この状態になると、毛穴周辺の組織が真皮層まで破壊されていますので、ニキビ跡を残してしまう事があります。 ここまでひどくなった場合は、専門医の治療を受ける事が必要になります。

6. 紫ニキビ

正式名称は「結節性ニキビ」。

しこり状態になっているニキビで、痛みはなく、しこり状態になっていて、赤黒く大きく盛り上がっている状態のニキビです。

潰すと黒い血と膿が混ざったものが大量に出ます。

また、触れるとゴリゴリとした感触があるのも、紫ニキビの特徴です。

ニキビの種類その2・ニキビの前段階『コメド(面皰)』

ここまでニキビの種類についてお話して来ました。 厳密に言えば「ニキビ」とは言えないために、その種類の説明からはずした状態があります。 それが、「コメド(面皰)」と言われる状態です。

コメド(面皰)とは、ニキビになる前の段階の事です。コメド(面皰)が出来るメカニズムをご説明しましょう。

私たちの皮膚は、体毛にある皮脂線で出来る皮脂によって、乾燥から守られています。ところが、新陳代謝が上手く働かなかったりすると、厚くなった角質が毛穴を塞ぎ、皮脂が毛穴にたまってしまいます。

これがコメド(面胞)と言われる状態です。

コメド これは管理人のコメドを引っかいて中のものを出した状態です。
コメドは顔を手で触ると、小さなぶつぶつを感じ取る事が出来ますのですぐ分かると思います。
これは写真撮影用に押し出したものですが、このような行為はオススメできません。

コメドが出来たらどうにかして中のものを出そうして、潰したりパック剤を使ったりする方がおられますが、それはおやめ下さい。お肌を傷つけてしまったり、毛穴を広げてしまう事があるからです。

どのニキビの種類でも、早期治療とともに、ニキビを作らないように予防する事が大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク