にきびの治療方法

自分に適したにきびの治療方法を選ぼう

厄介なにきびの治療方法はさまざまなものがありますが、自分のお肌の状態や、お仕事や手の空く時間などの暮らしの状況を考えたにきびの治療方法を選択することが肝心です。

思春期のころに出来てしまうと思われがちのにきびですが、実は大人になっても出てきてしまう場合があります。普段、お仕事などでストレスをためている方、睡眠不足の方や偏った食事をしている方などに出てしまうことが多く、この大人にきびに悩みを抱えている方が多くいます。

特ににきびは、潰してしまうと治すことが困難なにきび痕が出来てしまう場合があり、慎重な治療が必要です。現在、にきびを治療する方法は様々なものがあります。

その中には薬を使用するものや、特殊な石鹸を使用して洗顔することにより、にきびの原因である毛穴のつまりをなくしてしまう方法、漢方を飲んで体内の環境を変えてしまうという治療方法もあります。

それぞれの治療方法はメリットやデメリットが存在しますので、自分に合ったにきびの治療方法を探すことが重要だといえるでしょう。

にきびの治療方法の種類

にきびの治療方法にはさまざまな方法がありますが、自分に合った治療方法を試すことが、早く、そして綺麗に治す近道といえるでしょう。

現在にきび治療で主流なのが、にきび治療専用の薬を使用することです。

現在ではにきび治療の薬も効果の高いものが販売され、家にいながら気軽ににきび治療をすることが出来ます。

他に、特殊な石鹸を使用し、洗顔で治療するという方法です。にきび治療専用の石鹸なども発売されており、その石鹸を使用した毎日の船外により、にきびと共ににきびの原因である毛穴のつまりを解消してくれます。

自宅で行わないものとして、ケミカルピーリングなどの治療方法があります。特殊な薬剤によってお肌の表面を溶かし、新鮮な新しいお肌に生まれ変わらせるというものです。

この治療法の一番のメリットは、すぐに治療出来るということでしょう。自宅などの治療では完璧ににきびを無くすまでにはある程度の時間が必要ですが、ケミカルピーリングなどのエステでの治療は施術によってすぐに治療することが可能です。

このように、それぞれのにきびの治療方法によってメリットやデメリットが存在します。そのようなメリット、デメリットを充分に勉強してから治療することが、にきびを早く綺麗に治療する近道です。

どんなニキビ治療を選べばいいのか

いろいろあるニキビ治療ですが、では一体どのにきび治療を選べばいいのでしょう?? 答えはたくさんありますが、自己流で治療しないこと!!

まあ医者に行くってことですね。

ニキビは自己流でケアしてしまうと酷くなることが多いので、すぐに皮膚科に行って治療を始めましょう。

内服薬、塗り薬、ケア用品などを出してもらえますので、さらに皮膚科医からニキビについての情報を仕入れます。

実はこの情報の仕入れが大切で、インターネットや書籍で仕入れてもそれはあくまでも一般論です。 またはインターネットの場合は情報の確実性が疑われます。

まずは前門医から情報を仕入れてから、自分にあった自宅ケアを心がけます。

治療につきては先生におまかせになるのですが、飲み薬を変えながら効果のある薬をさぐっていくはずですので ずっと同じ薬をだしてくるような皮膚科は思い切ってやめてしまいましょう。

少しでも評判の良い皮膚科、少しでもニキビについての専門医がいる皮膚科を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク