ニキビ跡とレーザー

ニキビ跡とレーザー治療

 ニキビ跡は、食生活で栄養を取るようにして肌の細胞を生き返らせ、スクラブなどのお手入れでだんだん改善していく方法やエステのお手入れで改善する方法などがありますが、治療の方が手っ取り早いです。

 ニキビ跡のレーザー治療とは、一般的な手術のように皮膚を切ったり縫ったりする事はなく、瞬間的に照射を行うだけの治療の為に出血したり傷跡が残る事は比較的少ない、ニキビやニキビ跡にレーザー光を照射して行う治療の事です。

 ニキビにはレーザーを照射して、小さな穴を穿ち毛穴内部にレーザーを透過させて毛穴に詰まった角質や膿や脂質を溶かしだす事によって毛穴つまりの改善を図ります。

ニキビ跡のレーザー治療にはニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、肌の新陳代謝を高めコラーゲンを促進する事で新しい美しい肌へと再生させます。

 ニキビ跡のレーザー治療は保険適用外のニキビ跡の治療法ですが、安いものだと1回当たり1万円前後で出来るので、ニキビ跡が出来て時間が経ってしまっていても諦めないで下さい。

 また医療用のレーザーは人光線なので、人体に対する副作用がないので安心してレーザー治療出来ます。さらに、最近ではクリーム状の麻酔や冷凍麻酔法の開発により痛みもかなり軽減して治療が受けられます。

ダイオードレーザー(DiodeLaser)でのニキビ跡治療

 ダイオードレーザーでのニキビ跡治療は少し費用は高めですが、半導体の性質によって波長が変えられるレーザーで、様々な用途で使用出来ます。

レーザーの波長によってメラニン系の色素沈着の治療、ヘモグロビン系のニキビ跡の治療が出来ます。色素に反応するレーザーなので、色素沈着(ニキビ跡など)が無い肌には作用しません。

その逆に、赤みが強いとレーザーの照射で色素を破壊するのでわりと痛いです。  ダイオードレーザーでのニキビ跡治療はヘモグロビン系の色素沈着(ニキビ跡)に良いです。ヘモグロビン系のニキビ跡を見ると、赤紫や赤黒く見えます。

レーザーピーリングでのニキビ跡治療

 レーザーピーリングでのニキビ跡治療では、皮膚の表面の古い角質を取り除き表皮細胞を蒸発させ、さらにコラーゲンの生成を促進させ新しく綺麗な肌を作ります。レーザーピーリングでのニキビ跡治療にはマイルドなレーザー光を使用した治療です。

 レーザーピーリングでのニキビ跡治療では、ケミカルピーリングや物理的なピーリングと比べて肌へのダメージが少ないのが特徴です。

またレーザーピーリングは効果が長持ちしますので、通常では1ヶ月に1度、肌のお手入れをすれば数ヶ月に一度治療します。

ただレーザーピーリングでのニキビ跡治療はピーリングの効果がすぐには出ないので、根気よく続けることが必要です。レーザーピーリングでのニキビ跡治療は、場合によっては色素がついてしまうという副作用があります。

 レーザーピーリングでのニキビ跡治療は、ニキビ跡の凹凸が気になる方やニキビが出来やすい方、背中のニキビが気になる方に効果があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク