にきび痕レーザー

にきび痕をレーザーで治療する

にきび痕の治療にレーザーをしようする方が増えてきています。

思春期などに多く、また大人になってもでてしまう厄介なにきび。

そのにきびが重症化してしまうと、にきびが無くなっても痕が残ってしまう場合があります。

そのにきび痕に悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

にきび痕は予防するのが一番の対策といえます。

毛穴のつまりが原因のにきびですから、毎日正しい洗顔を続けていけば、にきびの出現、または重症化を防ぐことが可能です。

しかし、注意していてもいつの間にか出現してしまうこともありますし、出現したことに気付かないでいたら重唱かしてしまうことも考えられます。

そのようにしてにきび痕になってしまったら、治療はなかなか難しくなってしまいます。

綺麗に治すことも可能なのですが、すぐに治したいと思っても、治療には時間と根気が必要です。

しかし、医療技術が発達し、今まではその安全性と効果が疑問視されていた、にきびのレーザー治療が安全に、効果的に行えるようになってきました。

レーザー治療ならば比較的短い期間で治療することが可能です。

にきび痕で悩んでいらっしゃる方は、レーザー治療を考えてみてはいかがでしょうか。

肌が弱い人にこそおすすめの、にきび痕レーザー治療

にきび痕をレーザーで治療すると聞くと、まずその安全性に疑問をもたれる方も多いと思います。

たしかに、以前までのレーザーでは失敗して治療前よりもお肌にダメージを受けてしまった患者さんの例もありますし、あまり良い印象派ないでしょう。

しかし、最近のレーザー技術は以前よりも格段に向上し、より安全で効果的に治療をすることが可能になったのです。

にきび痕の治療で最近話題になっているのが、ケミカルピーリングです。

このケミカルピーリングというのは、化学薬品でお肌の古い角質を落し、肌の新陳代謝によってにきび痕を治療するというものです。

この治療法はたしかな効果があり、シワやシミ、くすみなども一緒に解消できる治療法なのですが、唯一の問題点は、お肌の弱い人は受けられない可能性があるということでした。

ケミカルピーリングは古い角質を落とす療法のために、当然お肌にも多少のダメージを与えます。

特別お肌が弱い人でないかぎり、まったく問題が無いほどのダメージなのですが、やはり受けられない方はいらっしゃるようです。

そんな方にこそ、レーザー治療をおすすめします。

レーザー治療ならば、患部だけを治療しますので、お肌にダメージを与えずに済みます。

その為、ケミカルピーリングが受けられない、お肌が弱い方でも受けることが可能なのです。

肌が弱い人は受けられないというイメージの強いレーザー治療ですが、実はお肌が弱い人ほど受けるべき治療といえるでしょう。

ニキビ跡とレーザー

スポンサードリンク

スポンサードリンク