にきび痕の薬

にきび痕の薬について

ニキビ痕は基本的に薬では治療しません。

にきびの薬は皮膚科で入手する事が出来ますがにきび痕の薬と言うより、にきびの薬という名目が使われていることが多いです。

また、皮膚科と形成外科で出てくる薬も異なりますので、まずは、気軽に相談する事をオススメします。

形成外科に行くと、ビタミンやアミノ酸のニキビ痕に効くものがあるようですので確認してみましょう。

ですので皮膚科で改善が期待できない場合は、形成外科に行って相談してもいいかもしれません。

スタヒル リフラップ ヒアルロン

ニキビあとの治療方法によっては自宅でケアするためのクリームやヒアルロン酸などを出してもらえます。

あくまでも何かの治療を受けた場合のケア用ですので、これらの薬でニキビ痕(跡)が治るわけではありません。

にきび痕の薬

にきび痕の薬というより、にきびを改善する為の薬が大半を占めます。

では実際どのような薬があるのか見ていきましょう。

にきびの薬には、抗生物質や抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤、漢方などがあり、それぞれにきびの予防を主に行える薬で内服薬と外用薬があります。

にきび痕にすぐ効果のある薬は実際には存在していません。

ですが、予防する薬や正しいスキンケアで、結果的に徐々ににきび痕を改善する事は期待出来ますのでニキビ痕の治療と合わせて私用すると良いでしょう。

薬以外でにきび痕治療

薬以外でにきび痕治療を行ったほうが、痕をとにかく直ぐにきれいにしたい場合は効果的です。

にきび痕にも、赤みやしみなどが残ってしまった場合や毛穴が開いてしまった状態、皮膚が凸凹になってしまった場合、クレーターの場合、ケロイドの場合など様々なにきび痕があります。

ですので、出来るにきびの種類やにきび痕に合った治療が必要になります。

にきび痕をきれいに治すには、薬を使う以外の治し方に、レーザーやピーリングで皮膚を削ったり再生させる方法があります。

このように専門的な治療を行ったほうが、より効果が期待出来、結果も満足のいくように治療出来ます。

にきび痕を改善するには、食生活の改善も効果が期待出来ます。

食生活を改善すれば、今あるにきび痕の症状がひどくなる事も防げますし、肌の再生機能もアップします。

ちなみに肌を再生させる為に必要な栄養は、ビタミンやミネラル、たんぱく質などです。

食事からは摂取しづらい栄養もあるので、その場合は、サプリメントなどを利用しましょう。

勿論にきび痕を改善させる為には正しいケアを毎日行う必要があります。

洗顔と保湿をしっかりする事でにきび痕の改善や効果が違ってきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク