ニキビ痕を消す

ニキビ痕を消す前にニキビ痕の常識

ニキビ痕を消す前にまず、ニキビ痕の常識について見てみましょう。

ニキビ痕というのはニキビが治って患部の炎症が治まった後もいつまでたっも消えない、いわばニキビの足跡のようなものです。

このニキビ痕には、月のクレーターのように凸凹した陥没が顔にできてしまうものや、赤みを帯びたものなどさまざまな症状があります。

茶色く色素沈着してシミになってしまうものもあります。

では、なぜこのよな状態になってしまうのでしょう。

これは、ニキビができて、そのニキビをつぶしてしまったり刺激を与えたことで、皮下組織がダメージを受けます。

このダメージによって、本来肌細胞が持っている再生能力が破壊されてしまい、新しい皮膚を作り出せない状態にあるのです。

このニキビ痕を消すには自然治癒では治りません。

かなり軽度のものであれば治る可能性もありますが、そうでない場合は適切な治療を施さないと痕が残ったままになってしまいます。

ニキビ痕を消すのではなくニキビ後を残さない

ニキビ痕を消すのは皮膚科で治療を受けないといけません。

上で書いたように、ニキビ痕が残った肌は、新しい皮膚を作り出すことができない状態にあるので、自己ケアでそれを回復することはかなり難しいのです。

なので、ニキビの自己ケアとは、ニキビ痕が残る前にニキビ痕を残さないケアをすることが重要になってくるのです。

ニキビができたとき、ニキビを潰すと痕が残りやすくなります。

また、過剰な洗顔や肌に合わない間違ったスキンケアも禁物です。症状の悪化につながります。

薬の使いすぎによる副作用もニキビ痕の原因になります。

いろいろやるとニキビ痕の原因になるから、まったくにきびケアしなければいいかと言えば、それもいけないのです。

適度に洗顔を行い、患部を清潔に保つことは必要不可欠です。

ニキビ痕を消す方法

ニキビ痕を消す方法は、その症状によっても違います。

軽度のものであれば、自然に治ると書きましたが、それは肌細胞が破壊されていない状態での色素沈着や赤みといったものです。

肌の再生能力があれば、数回のターンオーバー(皮膚細胞の再生)を繰り返すことで徐々に痕が目立たなくなっていきます。

しかし、これには個人差もありますが、2ヶ月から1年程度でニキビ痕を消すことができます。

市販の治療薬やサプリを併用することで改善されることもあります。

たとえば、シミの治療ができるとうたわれている「ハイチオールC」などは、肌のターンオーバーを促進する働きもあるので効果が期待できます。

しかし、クレーター状の凹凸などのニキビ痕は自然治癒や自己ケアで改善できません。

イオン導入やトレチノイン治療といった特別な治療を皮膚科で受けないといけません。

どうしてもニキビ痕を消したい方は皮膚科や美容外科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク