ニキビ痕と形成外科

ニキビ痕治療で形成外科に行く必要性

ニキビ痕治療で美容形成外科に行くまでには、段階があります。

ではどんな時に美容形成外科に行った方が良いか見ていきましょう。

にきび治療には、個人で行う場合には限界があります。

スキンケアをして改善が見られない場合に美容形成外科や皮膚科に相談する事をオススメします。

ニキビ痕も同様です。

ニキビ痕治療で皮膚科に行くと、薬をもらえたり、ケミカルピーリングなどの治療が受けられます。

美容形成外科に治療で行った場合、皮膚科よりも様々な治療を受けることが出来ます。

ですので、直ぐに効果を得たい方や簡単な治療では効果が期待出来そうもない症状であれば、美容形成外科に行って相談しましょう。

形成外科のニキビ痕治療

美容形成外科のニキビ痕治療は、整形したりメスを使って施術する訳ではないので、悩んでる方は、気軽に相談に行きましょう。

ニキビ痕治療では、殆ど光学治療などの痛みを伴わない治療が受けられます。

形成外科に行く事によって、早くしっかり治すことが期待出来ます。

ニキビが赤や黄など炎症が起きているものが出来てしまった場合、ニキビ痕になってしまう可能性が高いです。

正しく適切なニキビ対策が出来ていれば問題がありませんが、このようにひどいニキビやすでに肌に痕が出来ていて、凸凹やクレーターの様になってしまっている場合、プロの専門家に相談して、専門的な治療を形成外科などで受けるのがオススメです。

また間違ってもにきびを潰したり、触ったりしないように気をつけて下さい。

形成外科などで受けられるニキビ痕治療

形成外科などで受けられるニキビ痕治療には様々なものがあります。

ピーリングやケミカルピーリング、肌へのイオン導入、レーザー治療などがあります。

詳しく言うと、フォトRFやレーザーフェイシャル、IPL、ケミカルピーリング、イオン導入、レーザーアブレーション、圧出治療、ビタミンC誘導体を使用した治療などがあります。

詳しく言うと治療方法はまだまだたくさんあり、病院に行っても出来るものと出来ないものがありますので、一人一人に合った適切な方法を相談して決める必要があります。

ニキビ痕は、肌組織に傷がついているので傷跡と同じ状態ですので、悩んでいる方は、形成外科の医師などに診断してもらい、にきびの進行状況や悪化状態、ニキビ痕、ニキビやニキビ痕の場所などをみてもらいどのような状態なのか、相談してみても良いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク