にきび痕 皮膚移植

にきび痕を皮膚移植で治療

にきび痕を治療するには様々な手段が存在します。

今ならば、話題になっているケミカルピーリングなどもありますし、レーザー治療も最近になり安全性と効果の向上に成功しました。

また、化粧品もにきびやにきび痕に効果の高いものが開発され、自宅でにきび痕を治療することが可能です。

しかし、それら治療法は確実とはいえず、個人によってその効果は変わってきます。

高い料金を払い、まったく効果が現われなかったなどということも充分にありえることでしょう。

今現在、にきび痕治療で一番成功する確率が高いといわれているのは、皮膚移植による治療です。

その名の通り、ダメージを負った患部に直接皮膚を移植する治療法ですが、この治療法は他の治療法に比べると圧倒的に完全に治療できる確立が高いです。

しかし、もちろん問題点も多く存在します。

この治療法をためそうと悩んでいらっしゃる方は、よく医師と相談し、考えてからたんすことをおすすめします。

培養皮膚移植でのにきび痕治療

にきび痕治療に効果が高い皮膚移植治療なのですが、今注目されているものに、培養皮膚移植というものがあります。

北九州の矢永クリニックという病院で行われているこの治療法、従来の皮膚移植と異なる点は、自分の皮膚を培養し、患部に移植するという点です。

例えば、耳などの比較的目立たない個所の皮膚をわずかに取り出し、そのまま皮膚を培養します。

そして、患部に合うくらいまでの大きさに培養されたら、そのまま移植するのです。

自分の皮膚ですので、従来の皮膚移植手術よりも安全性が高く、抵抗も少ないというのが特徴といえるでしょう。

また、自分の皮膚ですから、患部以外の皮膚とも溶け込みやすく、傷跡も残りにくいのも嬉しい点です。

しかし、この治療法の問題点として、治療するまでに時間がかかるということ。

皮膚を培養するには、約一ヶ月程度の時間がかかりますので、今すぐにでも治したいという方には不向きな治療法かもしれません。

また、最新医療ですのでかかる費用も高めです。

治療は一日では終わりませんので、滞在費なども必要となっています。

ですが、従来の皮膚移植よりも効果や安全性が高いのはたしか。

にきび痕でお悩みの方は、一度矢永クリニックに相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク