肌質について

肌質についてのお話

肌質についてお話したいと思います。

何故かと申しますと、肌質の違いによって、ニキビケアの方法が違って来るからです。

肌質についてお話する前に、肌質をチェックする方法をお話します。

まずは、自分の肌質について知る事が大切です。 では、どのようにしたら、自分の肌質について知る事が出来るのでしょうか?

その方法は次のとおりです。 まず、顔を洗います。そのあと、基礎化粧品を全くつけずに15~20分間放っておいたお肌の状態を観察します。

その時のお肌の状態によって、大きく分けて4種類のタイプに分かれます。

・お肌のつっぱりがなく、全体的にテカっている方

 →脂性肌 (オイリースキン)

・お肌のつっぱりもテカりもほとんどない方

 →普通肌 (ノーマル)

・お肌につっぱりを感じ、部分的に(T ゾーン等)テカりがあった方 

 →混合肌(ミックススキン)

・お肌につっぱりを感じ、皮脂によるテカりもほとんどない。むしろ、顔のお肌がカサついているように感じた方

 →乾燥肌(ドライスキン)

肌質についての注意点は、肌質は一生変わらないものではないという点です。

年齢・体調その他の原因によって、肌質も変わって来る事もあります。

なので、毎日、朝起きた時に鏡を見て、その日のお肌の状態をチェックして、場合によってはスキンケア法を変更する事をおすすめします。

肌質別のスキンケア法について

前章で肌質のチェック法についてお話しました。 この章では、肌質別のスキンケア法をお教えしたいと思います。

脂性肌(オイリースキン)

・植物性の油を使った乳液やクリームを使って下さい。

・顔を洗う際には、人肌よりもやや熱めのお湯で、きちんと顔の汚れを落として下さい。

 にきびの目立つところは、手ではなく、ガーゼを使って2回洗って下さい。 (そのあとは必ず保湿して下さい)

・脂っこいものを食べないようにして下さい。 (ビタミンB群・ビタミンC群・ビタミンE・コラーゲンなどを取ると良いです)

・油性のファンデーションはつけないようにして下さい。

普通肌(ノーマル)

・季節によってスキンケア法を変える事が大切です。 (特に冬は空気が乾燥するので、しっかり保湿をして下さい)

混合肌(ミックススキン)

・顔を洗う際には、ぬるま湯で洗います。

 その際には、Tゾーンなど皮脂の多いところは2回洗って下さい。

・顔を洗ったあとは、化粧水と乳液を使って保湿して下さい。

乾燥肌(ドライスキン)

・冷暖房などによる、乾燥に注意して下さい。

・顔を洗う際には、人肌よりもやや熱めのお湯で洗って下さい。

その際、頬は軽く洗う程度にとどめ、過度に洗顔する事によって、皮脂を取り過ぎないように注意して下さい。

・顔を洗ったあとには、化粧水で保湿します。それでもお肌がかさかさする時には、クリームを使います。 (その際、油分の多い乳液・クリームを過度に使うと、お肌に水分が浸透しなくなってしまって、逆効果になります)

『敏感肌』という肌質についてのお話

上の4タイプの他に、「敏感肌」の方もおられます。 では、敏感肌とはどんなお肌の状態なのでしょうか?

一言で説明すれば、「紫外線などの外部の刺激を受けやすい状態のお肌」です。 本来お肌が持っているはずのバリア機能が弱まっているので、外部の刺激を受けやすいのです。

当然、湿疹などのお肌のトラブルも出やすくなります。 さらに、敏感肌の方にニキビが出来ると、ニキビ跡が出来やすいというお話も聞きます。

では、敏感肌の人はどうすれば弱ったバリア機能を強くする事が出来るのでしょうか? その方法は下記のとおりです。

・無添加の洗顔料を使って、皮膚を清潔にする事。

・保湿成分の入った基礎化粧品などを使って、お肌の角質層に水分・油分を補う事。

・香料などのお肌を刺激する成分の入っていない化粧品を使う事。

・生活習慣を見直す事。 (極端なダイエットや睡眠不足などのストレスも、一過性の敏感肌になっているケースもあります)

・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンA(βカロチン)・ビタミンC・ビタミンEを摂取する事。 (ただし、食物アレルギーを持っている方はご注意下さい)

スポンサードリンク

スポンサードリンク