フォトフェイシャルと毛穴

フォトフェイシャルと毛穴

 毛穴は皮膚表面にある毛が生える場所の事ですが、皮脂や汗を出す役割もあります。

 フォトフェイシャルが必要な要因としては、毛穴は引き締まっている事が理想ですが、肌の乾燥や汚れで毛穴を押し広げたり、加齢や老化現象の肌や毛穴のたるみにより、毛穴が開きそこに汚れが溜まってしまい様々な問題を引き起こしている事があります。

 現代では、毛穴の開きや毛穴の黒ずみ、ニキビなどでなやんでいる方は多く存在します。ではフォトフェイシャルとは何でしょうか?フォトフェイシャルではどの様な事が改善出来るのでしょうか?

毛穴対策でのフォトフェイシャルの役割と効果

 フォトフェイシャル(PF)とは、従来のレーザー治療とは違う光の治療で、半導体を使用したレーザーで560~1200mmの幅の広い波長の光(IPL)を顔全体に当てる光治療で、施術時間も短く肌へのダメージもとても少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをする事が出来ます。

また、フォトフェイシャルの光はターゲット(毛穴など)のみに反応するので、素肌を傷つけずトラブル部分(毛穴など)のみにダメージを与える事が出来ます。フォトフェイシャルでは、痛みも殆どなくお肌の負担も殆どありません。

毛穴はたくさんあるので、施術の箇所や回数が気になりますが、フォトフェイシャルでは顔全体の施術が一度に行う事が出来ます。

 フォトフェイシャルでは、真皮の線維芽細胞のミトコンドリアを刺激する事でコラーゲンを生成し毛穴を引き締めます。また、フォトフェイシャルでは沈着してしまったメラニンにダメージを与えます。

 毛穴対策と言っても、毛穴の種類によっても施術が変わります。フォトフェイシャルで毛穴治療の効果があるのは、赤みや茶色などのニキビ跡やシミ、そばかす、チリメンジワ、毛細血管拡張症、鼻の横の頬部の毛穴の広がり、タルミ(赤系の顔の方)、はりなどです。

また、フォトフェイシャルでの毛穴治療後、シミやソバカスが一時的濃く見えますが一週間程で徐々にはがれて薄くなります。

 このようにフォトフェイシャルは、毛穴の開きを引き締めるだけでなく異なる症状に同時に効果を発揮するので、きめの整った肌に近づける為、施術後の化粧のりが違います。

 フォトフェイシャルは、定期的また継続的に受けると10年後の素肌が違いますので、大体3週間毎に5回程受けるのがオススメです。

 フォトフェイシャルは、皮膚科や一般病院など、美容外科以外の医療機関でも導入されているので、肌全体のトラブル対策やエイジング、エイジレスでお悩みの方また、短時間できれいになりたい方に最適です。

フォトフェイシャルレポート

スポンサードリンク

スポンサードリンク