凸凹のにきび痕

にきび痕の凸凹

にきび痕の凸凹に悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

にきびをつぶした後などに出来てしまうこの凸凹。

治そうと思っていても、どうやって治せばいいのかがわかりにくいですし、間違えた治療法を行ってしまえば悪化してしまうことも考えられます。

しかし、正しい対処法で治療をすれば綺麗に治すことが可能なので、正しい対処法を覚えることが大切です。

そもそも、凸凹ができてしまう原因は、できたにきびを無理に潰してしまうこと。

潰すことによってにきび自体は治りが早くなるのですが、潰し方により凸凹が出来てしまうことがあります。

ですので、にきびを潰してしまうことはお奨めしません。

皮膚科などに行けば、専門の医師が凸凹が残らないようにつぶしてくれるので、どうしてもつぶしたいときは専門の医師に任せるようにしましょう。

また、凸凹が出来てしまったあとでも、皮膚科に行くことにより正しい治療法のアドバイスをくれるので、悩んでいらっしゃる方は、まず皮膚科の足を運び、医師に観てもらうのがいいでしょう。

にきび痕の凸凹 治療方法(家庭で)

にきび痕の凸凹、やっかいですよね。

にきびを無理につぶしてしまうと出来てしまうこの凸凹。

クレーターなんて呼ばれています。

治し方もわかりずらいですし、化粧などをするときも苦労してしまいます。

ですが、正しい治し方さえしていれば、努力次第で綺麗に治すことが可能です。

その治療方法は、洗顔用の海綿などを使い、優しく洗顔してあげること。

これにより、古くなった肌の表面を落し、新しい肌を作っていくのです。

ゴシゴシ洗うのではなく、あくまでも優しく洗ってあげてください。

このときに注意するのは、正しい方法で洗顔してあげることです。

間違った洗顔方法で洗ってしまえば、新陳代謝が追いつかないなどの原因で、悪化してしまうことも考えられます。

アイナソープなどのピーリング石鹸をつかうのが一般的ですが、中には本格的に家庭でピーリングを行っている方もいるようです。

私は洗顔でピーリングをするぐらいにしておいたほうが無難だと思うので、本格的なピーリングは専門医に任せることをオススメします。

にきび痕の凸凹 治療方法(皮膚科などのクリニックで)

出来てしまった凸凹のニキビ痕は、はっきりって直りにくいです。

深いもの、多きものなど完全に治らないニキビ痕もあります。

しかし全く治療法が無いかといえばそうでもありません。

普通の皮膚科や特に美顔に力を入れている皮膚科などに行けばレーザーやピーリングなどの治療によってかなりの効果が期待できます。

ニキビ痕 治療 とか

にきび跡 口コミ とかで検索すればけっこうそういうクリニックが出てきます。

検索エンジン上位に表示されるクリニックではなく、広告に出ているクリニックを選ぶのがコツです。

人気が無いとヤフーやグーグルに広告が出せませんからね♪

その中から選んでいくことになるのですが、口コミ情報ぐらいは調べてから行きましょう。

クリニック名 口コミ とか

クリニック名 評判 とか

クリニック名 評価 とかで検索すれば出てきます。

私が通ったクリニックは最先端の機器が導入されていて、いろんな治療法を試しましたがどれも効果がありました。

実験的にお金を使っていろんなニキビ痕治療方法を試したのでマダしっかりと治っていませんが、それだけでかなり目立たなくなってきました。

お金は掛かりますが、その中から自分にあった治療方法があるはずですので、一番効果があった治療方法で徹底的に治しましょう。

どの治療法が誰に効果があるのか試してみないと分からないところが厄介なんですけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク