にきび痕 CO2レーザー

co2レーザーでのにきび痕治療

にきび痕治療にはさまざまなものがありますが、その中でも現在最もポピュラーなものといえばCo2レーザーを使用したものでしょう。にきびを潰してしまったときなどに出来てしまうお肌の凹凸をにきび痕と呼びます。

これには多くの人が悩まされており、さまざまな治療法が開発されてきました。最近美容で話題になっているケミカルピーリングなどもそのひとつです。

しかし、その中でも一番利用されているのが、Co2レーザーでの治療です。レーザーでの治療はピーリングなどの薬剤を使用した治療よりもトラブルが少なく済み、メスを使用した手術と比べると治療後の治りも早いのが特徴です。

そして、一番の特徴といえばその改善率の高さです。にきび痕を綺麗に改善することが出来たという感想が、ピーリングなど他の方法よりも比較的に高く聞くことができます。

この改善率の高さが、Co2レーザーの一番の魅力といえるでしょう。ただ、お肌の状態などにより、人によっては治療を受けることが出来ないという場合もありますので、まずはお近くの病院で相談してみるといいでしょう。

にきび痕治療でのCo2レーザーの短所

にきび痕治療の代表的な存在といえるCo2レーザーですが、やはり短所はあります。それは、施術後のダウンタイムの長さです。ダウンタイムというのは、施術後の肌の赤みのこと。

これがおさまる時間が、他の治療法と比べても長くなってしまうのが問題点です。そもそも日本人のお肌は色素沈着がおきやすく、他の人種と比べると肌の赤みがおきやすいのです。

気にならない方はいいのですが、お仕事の種類になると問題がある方もいらっしゃるでしょうし、そのような方は充分に相談をしてから施術を受けるといいでしょう。

とはいえ、最近では機器の発達により、以前よりもダウンタイムが短くなっているようです。このままレーザー美容が発展を続けていけば、もう少し時間が経てばダウンタイムを気にすることなくCo2レーザーによるにきび痕治療が出来るかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク