にきび痕 ケア

にきび痕のケア1「洗顔」

にきび痕のケアはニキビができた肌にとってとっても重要です。自分でできるにきび痕のケアの方法とはどんなものでしょうか?まず大事なのが、肌を清潔に保つことです。

正しい洗顔法を身につけて顔に汚れが残らないようにしっかり洗顔しましょう。

では正しい洗顔法についてご説明します。まずメイクは水かぬるま湯でしっかり落とします。お湯を使うとお肌に熱を与えてしまうため、乾燥の原因となりますので注意してください。

そして、このとき余分な皮脂も取り除くようにしてください。メイクと落としたら洗顔料で優しく肌をマッサージしながら洗顔します。

シャワーを使ってきれいな水でクレンジングや洗顔料をしっかり落とすことも大事です。落ち切らない洗顔料が汚れとなって肌に残ってしまうとせっかく洗顔しても意味がありません。

また洗顔には清潔にするための洗顔石鹸と肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸があります。

清潔にして、さらにピーリングもすれば最高のニキビ痕ケアになるはずです。

にきび痕のケア2「マッサージ」

洗顔後の顔にシャワーを時計周りで円を描くように顔全体に行います。シャワーの強さは個人の好みで、痛くない程度なら強くても大丈夫です。毛穴一つ一つを洗い流すような気持でゆっくりと顔全体に円を描いてシャワーマッサージを行います。3回程度円を描いたらOKです。

こうすることで、肌の血行が良くなり、代謝をアップさせます。マッサージを終えたらタオルで優しく水分を拭き取ってください。タオルを肌に押し当てるようにタオルに水を吸収させて、顔から水分を取り除いてください。

ここで、ごしごし力を入れて拭いてしまうとお肌が傷ついたりニキビをつぶしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

にきび跡のケア3「保湿」

ニキビ痕のケアをする上でこの保湿もかなり重要なニキビ痕ケアとなります。

軽いニキビ痕なら保湿を毎日してあげるだけで消える事もあるぐらいなので保湿がどれだけ重要化わかっていただけると思います。

にきび跡のケアで洗顔の次に行うことは、保湿です。にきび跡のケアは肌に充分な栄養を与えて新陳代謝を良くすることが大事です。

汚れを取っても十分な栄養がないと肌が乾燥して、ターンオーバーもうまくいきません。自分にあった化粧水でビタミンCなどのお肌に必要な栄養分を十分にあげてください。化粧水にはいろいろな種類のものがあります。

お肌も季節によって状態が変わってくるので、その時の自分のお肌の状態にあった化粧品を選んでしっかり保湿しましょう!!

にきび跡のケア4「紫外線対策」

ニキビ痕のケアで忘れがちなのが紫外線カットです。

ニキビ痕をケアしたいのですからお肌のコラーゲンの生成を助けてあげなければいけません。

そのためには紫外線対策はかなり需要になってきます。

曇りでも、雨でも、冬でも紫外線は太陽から出ています。天気の日以外でもサンプロテクトをしっかりと顔に塗って出かけましょう。

家の中にいる場合も窓の近くにいるようでしたら、日焼け止めが必用です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク