ニキビ痕 BHAピーリング

ニキビ痕に効果のあるBHAピーリングについて

ニキビ痕に効果のあるBHAピーリングについて紹介します。

BHAピーリングのBHAとは、ベータ・ハイドロキシ酸の略称です。

BHAピーリングには、サリチル酸やサリチル酸マクロゴールピーリングがあります。

BHAピーリングは、脂溶性のピーリング剤を使用する事が特徴で、副作用やオーバーピールが少なくAHA治療よりもにきび治療に効果があります。

BHAピーリングは、毛穴の奥や内部にまで浸透して皮脂を溶かし、古い角質も取り除く事が出来るので、ニキビ痕で悩んでいる方にオススメの治療方法です。

特に凹凸やクレーターなどのニキビ痕(傷跡)を治療したい方に改善が期待出来ます。

また、角栓や毛穴の黒ずみも取り除いてくれるので、にきびを治す必要のある方の予防にも効果があります。

その他にも、BHAピーリングには、美白効果や皮膚の再生を促進してくれる効果もあるので、しわやたるみの改善や美肌にも効果的です。

BHAピーリングは、一度で治療が完了する方法ではないので、繰り返し治療を行う事で効果が実感出来ます。

ニキビ痕に効果のあるBHAピーリングの他に、表皮のみに作用するケミカルピーリングにはAHA治療があります。

ケミカルピーリングとは、一部の酸を利用して行う角質溶解法の事です。

BHAピーリングとAHA治療の大きな違いは、AHA治療は水溶性のピーリング剤を使用している所にあります。

また、AHA治療ですと角質を取り除く効果が期待出来る治療ですので、ニキビ痕には効果が期待出来ません。

BHAピーリングはアルコールを溶かして使うので、アルコールが揮発すると反応が止まる特徴があります。

ニキビ痕のBHAピーリングの注意点

ニキビ痕のBHAピーリングの注意点ですが、まずは治療を受けることが出来ない方は、皮膚炎やヘルペス、結膜炎、鼻炎などの方や皮膚に傷のある方、ステロイドを長期間投与している方です。

副作用の少ない治療法ですが、考えなければいけない副作用が全くない訳ではなく、オーバーピールや表皮再生の遅れ、紅斑の残存、色素沈着、瘢痕形成、ケロイド、単純ヘルペス、光線過敏症状亢進の副作用が起こる場合がありますので気をつけて下さい。

BHAピーリングレポート

スポンサードリンク

スポンサードリンク