にきび痕 ブリッジセラピー(アンコア)

にきび痕の最新治療 ブリッジセラピー(アンコア)

にきび痕の最新治療法であるブリッジセラピー(アンコア)というものが、大きな話題になっています。多くの人が悩んでいるにきび痕ですが、決定的な治療法が見つかっておらずに、現在までもさまざまな治療法が現れてきました。

そのなかでも最新のにきび痕治療法がブリッジセラピー(アンコア)です。この治療法はレーザーを使用する治療法です。いままでも、レーザーをしようしての治療法はさまざまなものが生まれていました。

その多くが患部をレーザーで焼き、お肌をまた再生させることによってにきび痕を目立たなくするというものでした。しかし、このブリッジセラピーでは患部をそのまま焼ききってしまうのではなく、従来のレーザー治療とは異なったレーザーの使用法をするので、レーザー治療での問題点である、治療後のダウンタイムなどを大きく短縮することに成功しています。

効果の高いレーザー治療を、ダウンタイムを気にしないで利用できるということから、今までお仕事などで忙しくてレーザー治療が受けられなかったという方に、ブリッジセラピー(アンコア)はおすすめのにきび痕治療法といえるでしょう。

ブリッジセラピー(アンコア)の従来のにきび痕治療との違い

にきび痕治療の最新技術であるブリッジセラピー(アンコア)は、従来のにきび痕治療とは異なったレーザーの使用法で話題になっています。これまでもレーザーを利用してのにきび痕治療はあったのですが、治療後に安静にしていなくてはならない時間、いわゆるダウンタイムを多く取らなくてはならないことが多かったので、お仕事などで忙しい方は受けるのが難しい治療法でした。

しかし、ブリッジセラピー(アンコア)の場合、レーザー治療なのにもかかわらずダウンタイムを短くすることが可能です。その秘密はブリッジセラピーという名前の中に隠されています。従来のレーザー治療でダウンタイムが長い理由は、患部全てを焼ききってしまうということにありました。確かに、自然治癒力によって長い時間をかければお肌は綺麗に元通りになるでしょう。

しかし、それには長い時間がかかります。ブリッジセラピーでは、患部をレーザーで穴をあけた後で、健常な皮膚を橋のように張り巡らせるのです。これによって、皮膚再生にかかる時間を大きく短くすることに成功しています。

もちろん、レーザー治療の高い効果は健在で、重症化してしまったにきび痕でも治療することが可能です。いままでレーザー治療に興味があってもダウンタイムの関係で受けることが出来なかった方も、これを機会にブリッジセラピー(アンコア)で、にきび痕治療をされてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク