ニキビ痕 赤み

ニキビ痕の赤みの原因

ニキビ痕の赤みはどのようにできるのでしょうか。ニキビ痕には色々な種類がありますが、クレーター状の凸凹が残ってしまうものと赤みや色素沈着が残ってしまうものに分けられます。

ここでは、赤くシミが残ってしまうのもについて説明していきたいと思います。

赤いシミが残るニキビ痕がどうしてできてしまうかというと、にきびの炎症によってできた赤いしみが皮膚のターンオーバーがうまくいっていない場合です。

この肌の再生活動であるターンオーバーが起こる周期は28日といわれていますが、この再生活動が活発であればニキビ痕の赤みは2ヶ月ほどで徐々に消えていくものです。

ただし、これには個人差がありますので、なかなか消えない人は1年ほどかかることもあります。

ニキビ痕の赤みを早く消す方法

ニキビ痕の赤いシミがなかなかなおらない人は、この肌の新陳代謝であるターンオーバーがうまくいっていない可能性があります。

正常なターンオーバーに必要不可欠なのは食事と睡眠が大きく影響しているといわれています。

必要な栄養分と睡眠をしっかりとらないと、正常なターンオーバーはできなくなります。お肌への栄養分と休息がないと細胞再生もうまくいかないのです。

このため、肌を美しく保ち、ニキビ痕の赤いシミを消していくには正しい生活習慣を行うことが重要になってくるのです。

ニキビ痕の赤み治療

ニキビ痕の赤み治療は自己ケアでは失敗して、悪化してしまうことがあります。

ニキビ痕の赤みやシミを消すのは、肌の再生に必要な栄養分や睡眠を十分にとることで肌のターンオーバーを促進することが大事ですが、皮膚科や整形外科、エステなどでも適切な治療を受けることができます。

自己ケアがうまくいかなかなったり、なかなか赤みがとれなくて心配な場合は自分で薬を試したりせず、専門の医師に相談することをお勧めします。

いつまでもきれいな肌を保つために正しい情報を得て、正しいケアをしていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク